その相続税本当に大丈夫?申告する前に考えること

相続税の計算は本当に大丈夫?

相続が発生すると遺産分割を協議してそれぞれが相続税を計算して納税しなければなりません。以前は控除額が大きかったのでそれほど大きな金額にならずに済むケースが多かったものの、控除額の引き下げが行われたことからその金額に驚くことも珍しくなくなりました。少しでも費用を削減しようと自分で相続する遺産の評価額を計算して相続税を計算する人もいるでしょう。しかし、本当にその計算で良いのでしょうか。申告する前に考えてみましょう。

相続税の計算は一義的ではない

相続税の計算をするときに課税対象額が決まって、適切な控除ができてしまえば計算方法は一義的です。しかし、その全体の過程は一義的ではないと知っておきましょう。相続税の課税対象になる遺産の選び出し方、評価額の計算の方法などによって課税対象額を変えることができます。また、様々な制度による控除が受けられるかどうかも法律の解釈次第で適用可能かどうかをうまく判断できる場合があるのです。素人が計算すると無駄に高くなっていることも珍しくありません。

申告の前にまずは相談

自分で相続税を計算したときにもまずは税理士に相談しておきましょう。申告する前に不備がないかを確認してもらう意味もありますが、節約できる部分がないかと相談してみると良い方法を提案してくれる可能性があります。無料相談の範囲内でも少しは相続税を下げられるかもしれないので、まずは相談というスタンスを取ると良いでしょう。そのまま全てを依頼してしまって申告まで行ってもらえばますます大きな節税ができる可能性が高まります。

相続の手続きは実は複雑な事が多いです。近年では、相続の申告を税理士へお願いする人も少なくないのです。