ちょっと待った!そのファンドの始め方で大丈夫?

決めるときはいつもランキング

何かを決めようというときにランキングを利用する習慣のある人が多くなりました。人気があるものなら何も問題はないというのは確かに間違った考え方ではありません。しかし、それがいつでも通用するわけではないという理解は大切です。金融商品を活用するときにはその状況が特に切実になります。ファンドのために口座を作ろうと考えて、証券会社の比較をランキングで行うと失敗してしまうかもしれません。まずは一歩踏みとどまってみましょう。

証券会社による違いの理解

証券会社のランキングは色々なものが見受けられます。顧客数や売上といった要素もあれば、金利や手数料、顧客満足度などの様々な観点も比較が可能であり、色々な角度からランキング付けが行われているのが実情です。しかし、総合評価という項目になるとそれが何を反映してランキング付けされたのかがわからないでしょう。ランキングを作った人の主観が反映されているだけであって現実がそのとおりであるかはわかりません。ランキングを鵜呑みにしないのが重要なのです。

実績を自分で評価する大切さ

証券会社を選んでファンドを始めようというときにランキングを参考にするのは悪くありません。しかし、最終的には自分で評価することが重要になります。基本的には証券会社のファンドの運用実績をよく調べてみましょう。伸びたり低迷したりしたときに世の中で何が起こっていたのかと調べてみると、原因が世の中にあるのか、運営側の手腕にあるのかが見えてくるはずです。それを元にしてファンドの会社を選んで口座を開くようにしましょう。

ファンドのランキングとは、初心者がそのファンドの位置づけを知る、客観的な指標の中のひとつといえます。