jリートは会社選びが大切!何が最も重要か

jリートのファンドとしての性質

jリートは不動産を投資先とするファンドの一種です。投資家から資金を調達して不動産を購入し、賃貸を行って経営をすることで家賃を収入として手に入れ、その一部を分配金として投資家に渡すとう仕組みが基本になっています。投資家はお金を出すだけで良いのがファンドの基本であり、賃貸の経営についてはファンドを用意している会社が担当するのが特徴です。このような性質を知っているとjリートを選ぶときには会社選びが重要だと気づくでしょう。

不動産利益に直結する経営

jリートでは不動産利益が得られなければ分配金を得られません。不動産利益が出るかどうかに直結するのが経営のあり方であり、管理費用などの諸経費に対して家賃収入が十分に高くなっていなければならないのです。経営を担っている会社の手腕が確かなものでなければjリートでは分配金が小さくなるかなくなる可能性すらあります。確かな経営力を持っている会社を選んでjリートを購入するようにしましょう。その選び方の基本も知っておくと便利です。

経営力判断の基本は実績とレポート

会社に経営力があるかどうかを判断する基本として、まずは実績があるかどうかを確認しましょう。以前まで行われていたjリートのファンドや、現在も行っているものがあればその実績について調べてみるのが得策です。そこで確かに分配金がでているのであれば問題はないでしょう。レポートを読んでみるのも良い視点であり、実際に行った経営内容について記載されていることがあります。それが適切なものかと吟味して会社としての信頼性を確認しましょう。

j_リートのファンドの魅力は、ローリスクハイリターンであることです。不動産のプロ達が選び抜いた収益物件の年間利回りは約5%。安全性の高さを考えると破格の利回りといえます。